クロろぐ-川崎フロンターレ大応援!サッカーと映画と食べ物記録ブログ-

川崎フロンターレを中心にJリーグ、海外サッカー、サッカー日本代表を応援するブログです!時々、趣味の話や美味しい食べ物の話など、サッカー以外のこともちょくちょく書いていきます。

日本人のGKへの異常バッシングについての記事を読んで、僕もそう思う|サッカー





スポンサーリンク

f:id:chrono0520:20180708214559j:image

川島選手への異常なバッシング

日本人の川島選手への異常なバッシングについて、このままではゴールキーパーが育たない環境になることへの懸念の記事を読みました。

 

↓読んでない方はこちらから

「GKやる子供消えます」 川島永嗣へのW杯異常バッシング、専門家警鐘

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00000007-jct-ent

 

全く持って、その通りだと思います。

今大会、異常に川島選手が叩かれている

ウイイレをやり過ぎた影響でしょうか。遊びのサッカーでもキーパーをしたことない素人がポジショニングや判断批判をすることが多すぎます。

一度でも勝ちたいサッカーでゴールキーパーをしたことがある人ならば、川島選手を賞賛しても、好プレーまで非難し、挙句戦犯などとする行為は絶対にしません

正直、自分に置きかえればわかることで、正直セネガル戦のミスも運が悪かったとしか、私には思えないのです。キャッチすれば良かった?寝言も大概にしてください。シュート性の球を至近距離で、味方のクリアが短いことによるピンチなので体制も整ってません。そんな状態ならパンチングを選んでも仕方ないでしょう。

 

戦犯を作るのはなぜ?

もう一つ、気になることがあります。

それは、戦犯をなぜ作るのかということです。

日本のサッカーでは何かしらいつも悪かった選手はだれだと戦犯探しをします。良かった試合でも戦犯探しをします。

悪かった理由をひとりの選手になぜ押し付けるのか?MVPだけでよいのでは?と思います。

悪かった選手はいるでしょう。しかし、1人にだけに押し付けるのは違うと思います。

 

なぜか世界のスターと一緒の扱いにされるポジション

最後に、日本最高峰のキーパーであることをもう一度認識してほしいです。

なぜかロナウドやメッシと香川や本田を比べないのに、キーパーはクルトワやブッフォン、ノイアーと比べられるのでしょうか。

まだ、日本はサッカーが発展途上の国です。日本人のレベルをきちんと再認識しましょう。

日本で今、最高のキーパーは?と言われたら川島選手です。歴代の日本代表でどんな監督でも、最後は正守護神に選ばれているからです。

この事実を抜きにして、ほかの選手を推すことはできません。やはり、Jリーグと欧州のトップリーグは異なるのです。

昔の日本のキーパーは常々、世界と戦うと「ボールが消えた」と言っていました。いつも体験しているものとは根本的にスピードが違うのでしょう。

そんな中、海外できっちり経験を積んでいるのが川島選手です。川島選手からボールが消えたという話は聞いたことがありません。そこが日本最高峰のゴールキーパーと呼ばれる由縁ですね。

 

子供がキーパーを目指せない

大人がこうなのだから、子供はもっと悲惨かもしれません。みんなに責められるポジションなんか、やりたくないですからね。キーパーは身体能力と身長がまず大事です。フィジカルエリートを野球などの他スポーツに取られる現状だと、よいキーパーも出にくいです。このままだと日本代表はどうなるのか…不安で仕方ないです。

 

ゴールキーパーの極意 スーパーセーブ 完全マスター[DVDブック] (サッカー極意シリーズ)

ゴールキーパーの極意 スーパーセーブ 完全マスター[DVDブック] (サッカー極意シリーズ)