クロろぐ-川崎フロンターレ大応援!サッカーと映画と食べ物記録ブログ-

川崎フロンターレを中心にJリーグ、海外サッカー、サッカー日本代表を応援するブログです!時々、趣味の話や美味しい食べ物の話など、サッカー以外のこともちょくちょく書いていきます。

映画メモ|15時17分、パリ行き|本物が演じる衝撃作品|2018年・洋画





スポンサーリンク

15時17分、パリ行き (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

あらすじ・解説

「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」の巨匠クリント・イーストウッドが、2015年にヨーロッパで起こった無差別テロ「タリス銃乱射事件」で現場に居合わせ、犯人を取り押さえた3人の若者を主役に、事件に至るまでの彼らの半生を、プロの俳優ではなく本人たちを主演に起用して描いたドラマ。2015年8月21日、オランダのアムステルダムからフランスのパリへ向かう高速列車タリスの中で、銃で武装したイスラム過激派の男が無差別殺傷を試みる。しかし、その列車にたまたま乗り合わせていた米空軍兵のスペンサー・ストーンとオレゴン州兵のアレク・スカラトス、そして2人の友人である青年アンソニー・サドラーが男を取り押さえ、未曾有の惨事を防ぐことに成功する。映画は、幼なじみで親友同士のスペンサー、アレク、アンソニーの3人が出会った少年時代や、事件に遭遇することになるヨーロッパ旅行の過程を描きながら、ごく普通の若者たちが、いかにしてテロリストに立ち向かうことができたのかを明らかにする。

http://eiga.com/movie/88331/

 

監督

クリント・イーストウッド

 

事件に立ち向かった本人達が演じる、驚愕の話題作

映画の内容としては、そこそこです。この映画のすごいところは俳優たちです。

なんと、事件の被害者が自分の役を演じているのです!本当、びっくり。その演技もあまり違和感がなく、素晴らしいものでした。友人同士の会話も自然で、本当の友人同士だったからのようです。

びっくりしたのはここまでにしておいて、この映画の魅力をもう一つ。

この映画では、ヨーロッパ各地を主人公たちが観光で回るのですが、実際に観光しているかのように街並みが綺麗です。ぜひ、そこも注目してみて欲しいですね。

 

評価

10点中7点

 

15時17分、パリ行き (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

15時17分、パリ行き (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

  • 作者: アンソニーサドラー,アレクスカラトス,スペンサーストーン,ジェフリー E スターン,田口俊樹,不二淑子
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/02/09
  • メディア: 文庫
  • この商品を含むブログ (3件) を見る