クロろぐ~サッカーとおいしいごはんのブログ~

国内・海外のサッカー情報を中心に、好きなごはんの話も入れていく自由なブログです。おすすめの冷凍食品などを紹介していきます。

パチューカ移籍、本田圭佑の狙いは?





スポンサーリンク

f:id:chrono0520:20170717140820j:image

ついに、本田選手の移籍先が決まりました!その移籍先はなんと、メキシコの強豪パチューカです。

 

びっくりしました、本当に。しかし、今回の移籍には本田選手らしらも見える良い移籍であると私は思います。

 

残留争いをしないチーム

本田選手は、今回の移籍の裏でリーガ・エスパニョーラのラス・パルマスとレバンテに断りをいれていたようです。

 

かつて、レアル・マドリーで10番を着ることが夢だと語っていた本田選手がリーガへの移籍を断わった理由、それは残留争いの可否だと考えています。

 

断わりを入れた両チームは、リーガ下位のチームと昇格のチームです。おそらく、来季の目標はまず、残留だと考えているチームだと思います。

 

残留が目標のチームで何が起こるか、それは弱者のサッカーになるということです。本田選手は、最初のVVVこそオランダ下位のチームでしたが、その後のチームは自国では強豪とされるチームでした。

 

今回、パチューカを選んだ理由にもこの残留争いとは無縁の強豪である必要があったのだと思います。

 

アメリカ、中国ではレベルが低い

本田選手はアメリカのメジャーリーグサッカーのチームや、中国スーパーリーグのチームからも誘いがあったのだと言われています。実際、コンタクトはあったのだと思います。

 

希望年俸は軽々クリアできるでしょうが、問題としてはリーグのレベルが低いことにあります。

 

それに比べてメキシコリーグは中南米の中で一番強いリーグであり、パチューカはその中でも強豪です。

 

下手なヨーロッパのチームや南米のチームよりも強いチームであり、隠居ではなくステップアップするならば、メキシコリーグは最適なリーグと言えるでしょう。

 

高年俸とクラブワールドカップ

最後に、決め手となったのは高年俸でしょう。パチューカの年俸はトルコの強豪ガラタサライから掲示されたとされる年俸2億円の倍以上の年俸4億5000万円です。

 

ミラン時代の年俸7億円に比べるとかなり下がりますが、年齢や昨シーズンの成績を考えると十分すぎる高年俸と言えます。

 

そして、パチューカ移籍の一番の理由と言われるのは、クラブワールドカップへ参加できることでしょう。

 

サッカー選手として、一度は出てみたい大会の一つです。

 

今年のクラブワールドカップはUAE開催なので、日本のチームが出られない可能性がある中、本田選手のパチューカ移籍は話題性十分ですね。

 

裏では、パチューカ移籍の仲介はクラブワールドカップを放送する日テレとも言われておりますが、サッカーファンとしては年末の楽しみが増えて嬉しいです!