クロろぐ~サッカーとおいしいごはんのブログ~

国内・海外のサッカー情報を中心に、好きなごはんの話も入れていく自由なブログです。おすすめの冷凍食品などを紹介していきます。

日本サッカー:最終予選は"我慢"のとき





スポンサーリンク

f:id:chrono0520:20161007091619j:image

劇的勝利の裏にある、日本の連携不足

今回の試合、試合を通して連携不足を感じる結果となった。

 

今の日本代表の中に個だけ試合を作れる選手は少ないし、中心選手にそのような選手はいない。

 

なので、連携によって、相手を崩す必要があるのだが、2、3日程度の合宿では到底不可能である。

 

チーム構成に連携の穴

f:id:chrono0520:20161008195139j:image

このような、時間がないときは海外組よりも、ポジションが近い選手は日頃連携を高めているJリーグで同じリーグに所属している選手を起用したほうが有効だ。

 

かつて、日本のサッカーは読売クラブ(現 東京ヴェルディ)の選手で構成されていた。そうすることで、日頃からプレイしている選手で固め、選手間の連携を取りやすくしていたのである。

 

 また、自国の強豪チームの戦術を模して、チームの中心選手を代表の中心に添え、連携を良くした例もある。昨今のスペイン代表やイタリア代表がこれに当たる。

 

さらに、長期政権で常日頃連携を良くした例もある、ドイツ代表がこれにあたる。

 

今の日本は、このどれにも当てはまらない。

 

各チームから1〜3人程度しか呼べていない、寄せ集めの状態である。

 

これで、短い期間で連携を高めろというのも酷である。

 

しかし、今の日本に先ほど上げたようなことを実行できるほどの強豪チームや時間はない。

 

最終予選は我慢のとき

 f:id:chrono0520:20161008195439j:image

一年以上をかけて行われる最終予選は、日本にとって我慢のときだと言えるだろう。

 

正直、いつもギリギリの戦いが待っているはずだ。

 

 この大会中で、日本は新しい日本のサッカーを築けることを心から祈りたい。