クロろぐ~サッカーとおいしいごはんのブログ~

国内・海外のサッカー情報を中心に、好きなごはんの話も入れていく自由なブログです。おすすめの冷凍食品などを紹介していきます。

音楽CDの時代は”アイドル”により終わる!CD売上ランキングは今すぐ終わらせるべき。





スポンサーリンク
f:id:chrono0520:20151129201727j:image
こんにちは。クロノです。
 
みなさんは最近、どんな音楽を聴いていますか?
 
私は、昔から好きな歌手やバンドの曲しか聴かなくなりました。
 
しかし、それは
”昔の歌手やバンドが良かった!”
という訳ではありません
 
最近の音楽ランキングで好みの新しい歌手やバンドに出会えなくなったからです。
 
私は、そんな状況を打破するために今後、どのようにしていけば良いのかを勝手に考えることにしました。

 アイドルが独占するランキング

日本の音楽ランキングは2010年代に入った頃からアイドルがランキングの上位を独占するようになってきました。
 
いわゆる”アイドルブーム”です。
 
かつて、日本の音楽シーンが”演歌”から”歌謡曲”へ変わっていったような時と同じようなことが今、起きていると言えます。
 
ただ、日本の音楽シーンが”演歌”から”歌謡曲”へ変わっていったような時とは決定的な違いがます。
 
その結果、音楽業界を衰退させる可能性があるかもしれないのです。
 

個人の複数枚購入による作られたブーム

アイドルCDにはよく初回限定版が複数バージョン、また通常版も複数バージョン作られることがあります。
 
普通の歌手やバンドも初回限定版は作り場合は多いですね。なので、まだ許容範囲だと考えています(4バージョン以上になると考えものですが…)。
 
しかし、最近はAKB48系を中心として”握手券”付きというCDが売られているのです。
 
しかも、この握手券は必ず入っている訳でもない場合などもあり、客は複数枚買う必要があります。
 
また、握手券のみならず”投票券”という仕組みもあります。
 
この”投票券”というものが個人の複数枚購入を助長している原因で、好きな娘をグループで人気一位にするためにさらに大量購入が必要とさせるのです。
 
こうして、購入者自体は多くなくてもアイドルが”全国民に売れているような偽ブーム”が作られていくのです。
 

作られたブームが業界の崩壊を作り出す

この作られたブームでは、かつてのブームとは違い、ただ売り上げが高いだけで世間では流行っているように見えるという状態が作られます。
 
これは、課金者自体は少ないが、1人当たりの課金額が多いひと昔前のソーシャルゲームに似ています。
 
しかし、ソーシャルゲームではパズドラが誕生したことで、課金者中心の流れが弱まり、プレイ人口も増えるような真のソーシャルゲームブームが生まれました。
 
しかし、これは簡単に作れるようなブームではありません。
 
そう、今の音楽業界では、音楽を聴く人が増えるようなブームを作れる歌手やバンドが現れる状況を作る必要があるのです。 
 
しかし、そんな存在が現れるかはわかりません。
 

ネット配信によるDLや音楽聞き放題アプリの時代

実は、”アイドル”がCD売上ランキングを独占したのにはさらに理由がある。
 
ネット配信からダウンロードすることで音楽を楽しむ人や、音楽聞き放題のアプリを使って楽しむ人が増えたことである。
 

ネット配信によるダウンロード

今はCDを買わずにネットで音楽をダウンロードすることも多くなりました。
参考として、2014年のiTunes年間ランキングを見てみましょう。
 
2014年:iTunes 年間ランキング TOP20
1位 : レット・イット・ゴー~ありのままで~(日本語歌) / 松たか子
2位 : ひまわりの約束 / 秦基博
3位 : Story of My Life / One Direction
4位 : レット・イット・ゴー / Idina Menzel
5位 : Happy (from “Despicable Me 2”) / Pharrell Williams
6位 : Dariling / 西野カナ
7位 : ずっと feat.HAN-KUN & TEE / SPICY CHOCOLATE
8位 : 春風 / Rihwa
9位 : RPG / SEKAI NO OWARI
10位 : 生まれてはじめて(日本語歌) / 神田沙也加、松たか子
11位 : にじいろ / 絢香
12位 : We Are Never Ever Getting Back Together / テイラー・スウィフト
13位 : Mighty Long Fall / ONE OK ROCK
14位 : Happiness / シェネル
15位 : Problem (feat. Iggy Azalea) / アリアナ・グランデ
16位 : 恋するフォーチュンクッキー / AKB48
17位 : TSUKI / 安室奈美恵
18位 : 炎と森のカーニバル / SEKAI NO OWARI
19位 : Nippon / 椎名林檎
20位 : スノーマジックファンタジー / SEKAI NO OWARI
 
次に、CDの年間ランキングを見てみましょう
 
2014年:シングルCD年間ランキング TOP20
1位 :ラブラドール・レトリバー /AKB48
2位 :希望的リフレイン /AKB48
3位 :前しか向かねえ /AKB48
4位 :鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの /AKB48
5位:心のプラカード / AKB48
6位 :GUTS! / 嵐
7位 :Bittersweet /嵐
8位 :何度目の青空か? /乃木坂46
9位 :THE REVOLUTION /EXILE TRIBE
10位 :気づいたら片想い /乃木坂46
11位 :夏のFree&Easy  /乃木坂46
12位 :誰も知らない /嵐
13位 :未来とは? /SKE48
14位 :不器用太陽 /SKE48
15位 :高嶺の林檎 /NMB48
16位 :らしくない /NMB48 
17位 :キング オブ 男! /関ジャニ∞ 
18位 :君にHITOMEBORE /Sexy Zone 
19位 :桜、みんなで食べた /HKT48
20位 :言ったじゃないか/CloveR /関ジャニ∞
 
見てもらうとわかるのですが、
1つも曲がかぶっていない
のです。
 
さらに、iTunesのランキングの方が2014年に話題になったレット・イット・ゴーやSEKAI NO OWARIなど、見たことや聞いたことのある曲が満載ですね。
 
やはり、CDの売上ランキングはならないのがよくわかります。
 

定額制音楽聞き放題アプリが流行

最近は、定額制の音楽聞き放題アプリが流行ってきています。

 

Appleの定額制サービスである『AppleMusic』

サイバーエージェントとエイベックスの『AWA』

LINE株式会社の『LINEミュージック』

などがあります。

 

各社、音楽は聞き放題の時代を予想しているのですね。

 

CD売上ランキングを廃止すべき

さて、いろいろ説明したり、最近のサービスについて簡単に紹介してきましたが、言いたいことは1つで、

CD売上ランキングを廃止すべき

であることです。

 

聞いたこともない、話題にもなっていない曲のランキングではどんどんランキング自体を見る人もいなくなれば、新しい素晴らしい歌手やバンドに出会うことも難しくなります。

 

一部の人に対する売り方はもうやめましょう。現在のアイドルビジネスモデルは音楽業界を腐らせることになります。

 

月刊iPhone生活 Vol.15 こんなに使える!Apple Musicを使いこなそう!(マイカ)

月刊iPhone生活 Vol.15 こんなに使える!Apple Musicを使いこなそう!(マイカ)

 
3500万曲が聴き放題! より充実した音楽ライフを! Google Play Musicのキホン

3500万曲が聴き放題! より充実した音楽ライフを! Google Play Musicのキホン

 
Apple iTunes Music プリペイドカード 10,000円 [MA165J/A]

Apple iTunes Music プリペイドカード 10,000円 [MA165J/A]