読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロろぐ-サッカーを中心とした明日に役立つ総合情報ブログ-

サッカー日本代表に関する記事や最近気になることなどをクロノが独自の視点で語ります。ハロウィンやクリスマス、ディズニーランド等、おすすめ情報もご紹介。とりあえず、見てみてください♪ ご意見・ご要望→chrono1192@hotmail.com

サッカーの虜!になった”キッカケ”の選手ベスト10《FW編》





スポンサーリンク

こんばんわ。クロノです。

 

今回は、サッカーの虜になったきっかけの選手たちを紹介させていただきます!

自分が実際に見ていた時代の選手達なので1990年代後半〜現在の選手達となります。

 

10位 大久保嘉人(日本)

f:id:chrono0520:20151122051112j:plain

鮮烈だったアテネオリンピック時代、そして今

アテネオリンピック(2004年)の予選でバッカバッカ点を取っていた大久保選手がとても好きでした。

A代表では、20試合連続ノーゴールという不名誉な記録を作ってしまいましたが、それとは裏腹に五輪代表では大活躍でしたね!

そして今、30歳を過ぎて3年連続得点王へ邁進しています。

歳を取って、円熟期を迎えた気がしています。

正直、次回の2018年ロシアワールドカップは難しいと思います。

今は1年、1年、体を大事にしながら活躍してほしいですね!

 

 

9位 デル・ピエロ(イタリア)

f:id:chrono0520:20151122051820j:plain

偉大なるファンタジスタ、大の親日家としても有名

デルピエロゾーンと呼ばれる左45度からの位置でのシュートを得意としていました。

正直、私は若手時代をあまり見れていなかったので、デルピエロはファンタジスタというよりストライカーとしてのイメージがとても強いです。

2011年の東日本大震災のチャリティーマッチでは、自ら参加を申し入れるという男気を見せてくれました。今でも大好きな選手です!

 

 

8位 バティストゥータ(アルゼンチン)

f:id:chrono0520:20151122052643j:plain

まさにストライカー!アルゼンチンの点取り屋!

申し訳ないのですが、私はフィオレンティーナ時代をよく知りません。

バティストゥータといえば、ローマでした。

中田とプレイしていたので、よく見れていたというのもありますね。

あとは、フランスワールドカップで対戦したりしたからでしょうか。

ただ、フランスワールドカップのときは小学生でしたので見るのは無理でしたね。。。

なんにせよ、ヘディング・シュート・スピード全ての質が高く、まさにストライカーという選手でした!長い髪をなびかせ、とてもカッコよかったです!

 



7位 ティエリ・アンリ(フランス)

f:id:chrono0520:20151122053322j:plain

ゴールに吸い込まれるように巻いていくシュートはまさに芸術!

 2003−2004年シーズンのアーセナル無敗優勝の立役者!

アンリといえば、何と言ってもシュートが素晴らしかったです。

バルセロナ時代はあまり覚えていないのはアーセナル時代の活躍があるからでしょう。

ちなみに、アンリがいた頃のアーセナルのユニフォームが好きでした。

 

 

6位 シェフチェンコ(ウクライナ)

f:id:chrono0520:20151122054702j:plain

ウクライナの矢!バロンドールにも輝いたミランのストライカー!

当時、私はリバプールとバルセロナを応援していたのですが、ACミランと戦ったときに一番怖かったのがシェフチェンコでした。。。

もう、点を取られる気しかしないという怖さを持っていましたね。

カカやインザーギよりもシェフチェンコが何よりも怖かった印象があります。

偉大なストライカーですね!

 

5位 ロナウド(ブラジル)

f:id:chrono0520:20151122055622j:plain

説明不要!稀代の怪物ストライカー!

この選手については説明不要ですね!

私が見ていたのは主にレアルマドリード時代で、すでにダメになったと言われていた時でした。

ただ、それでも他のストライカーにはない1人で決められる力を持っている選手で強烈な印象を持っています!

2002年日韓ワールドカップでは大五郎カットで日本でも人気が出ましたね!さらに得点王と素晴らしい活躍でした!

最近、現役復帰を目指している?みたいな話を聞きますが、どうなるでしょうか。

まぁ・・・、まずはダイエットですね・・・。

 

4位 ルイス・フィーゴ(ポルトガル)

f:id:chrono0520:20151122060348j:plain

ポルトガルゴールデンエイジの中心!日本よ、これがウインガーだ!

まさにこの人がウインガーです。

サイドをえぐってえぐって、クロスやシュートを相手に放つ!

ウインガーの手本となる選手です!

おもにレアル時代を見ていました。生でも日本へ来た時にヴェルディとの試合で見に行きましたね!とてもいい思い出です。

 

 

 

3位 リオネル・メッシ(アルゼンチン)

f:id:chrono0520:20151122061405j:plain

現役最高の選手!まだ伝説は終わらない

ここでメッシが登場です!

すでに個人的にはマラドーナを超えているかなと思います。

ただ、やはりワールドカップ優勝の称号がほしいですね・・・、そこがマラドーナを超えた!といえない原因ですよね。

細かいタッチの直線的なドリブル、そして鋭いシュート、アシストもできるという最高の選手です。

デビューの頃からずっと応援してますw

これからも活躍してほしいです!

 

 

2位 ジーコ(ブラジル)

f:id:chrono0520:20151122061837j:plain

Jリーグ開幕とともに現れた”白いサッカーの神様”!

当時、まだ小学校にも上がっていなかった頃にJリーグが開幕しました。

そして、鹿島アントラーズが好きでした。

その理由は・・・、”神様”がいたからです。

当時はサッカーなどよく知らなかったし、見ててもよくわからなかったのですが、曲芸のようなすごいプレーをするジーコは見ていておもしろかったです。

カシマサッカースタジアムで買ったジーコのテレフォンカードは今でも持ってますw

本当に”衝撃”の一言でした。。。


ジーコ スーパープレイ集 - YouTube

 

1位 ロナウジーニョ(ブラジル)

f:id:chrono0520:20151122062644j:plain

世界最高のファンタジスタ!その足技はまさに”魔法”!

さて、ついに1位の紹介です!

私のサッカーで一番”興奮”を与えてくれたのがロナウジーニョです!

全てがサーカスのような、マジシャンのような・・・、サッカーを知らない人でも楽しめる、それがロナウジーニョでした。

見てるだけであそこまでワクワクできる選手はロナウジーニョだけでした!

あの興奮をもう一度、味わえたら、そう思いながら今も過ごしています。

 

メッシ ハンデをのりこえた小さなヒーロー (ポプラ社ノンフィクション)

ロナウジーニョの技 (学研スポーツムック)

広告を非表示にする