読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロろぐ-サッカーを中心とした明日に役立つ総合情報ブログ-

サッカー日本代表に関する記事や最近気になることなどをクロノが独自の視点で語ります。ハロウィンやクリスマス、ディズニーランド等、おすすめ情報もご紹介。とりあえず、見てみてください♪ ご意見・ご要望→chrono1192@hotmail.com

今日は父の日。親や子、視点を変えてオススメしたい2曲のソング。





スポンサーリンク

今日は父の日。

 

日頃、みんなのためにお仕事でがんばっているお父さんに感謝をする日です。

今日は、そんな父の日におすすめしたい2曲をセレクトしました。
 
おとうさんありがとう!とか、お母さんありがとう!みたいなだけの歌はいやだなあと思ったので、父がいる子の視点と父親の視点の曲を紹介します。
 
本当はもう少し曲数を増やそうと思ったのですが、日頃聞いてる曲の方が良いと考えたのと、2曲ならサラッとみなさんも聴けるかなと思った所存でございます。
 

GLAY『Father&Son』

 

曲名は直球で『父親と息子』。

しかし、内容は父になった息子が自分の父の想いを歌った曲であり、息子、父、祖父の3世代に渡る曲です。

辛いことや楽しかった思い出、あのとき父はどんな気持ちだったんだろう?幸せだったのだろうか?というような、自分も父親になった今だからこそわかる息子の感謝の気持ちを歌っています。

『Father&Son』が収録されているアルバム

 UNITY ROOTS & FAMILY AWAY

 

 

Mr.children『HERO』

 

Mr.childrenの『HERO』は父親から子供へ贈った歌です。

『つまづいたり、転んだりするようならそっと手を差し伸べるよ。』

ここの歌詞の部分は歩き始めた子供に向けている歌詞ということが良くわかります。

 

父親は自分の子供にとっての『HERO』でありたい。

これは世界中のどの世代のお父さんにとっても共通することなのではないでしょうか。

そして、子供にとって、そんなお父さんはすでに『HERO』なのだと思います。

 

この曲が収録されているアルバム

シフクノオト

 

ベストアルバムはこちら

Mr.Children 2001-2005 〈micro〉(初回限定盤)(DVD付)

 

 

今日は家族でおいしいものを食べて、また明日がんばりましょう。

 

一人暮らしの人は、メールの一つくらいお父さんに出してみてはいかがでしょうか。

 

それでは、良い父の日を。