クロろぐ~サッカーとおいしいごはんのブログ~

国内・海外のサッカー情報を中心に、好きなごはんの話も入れていく自由なブログです。おすすめの冷凍食品などを紹介していきます。

日本が音楽で『歌詞』重視をする理由





スポンサーリンク

今回は、ちょっと趣向を変えた記事をお送りします。

 

よく音楽についての会話に

「この歌詞良いよね!」

「歌詞が泣ける!」

「歌詞がすごくいいよ!」

ってありますよね。

 

なんで「歌詞」についてこんなに語るんだろう・・・?

と考えたことはありませんか?

あの歌詞は、なぜ心に残るのか─Jポップの日本語力(祥伝社新書)

あの歌詞は、なぜ心に残るのか─Jポップの日本語力(祥伝社新書)

 

 

私はその秘密に『詩』が大きく関係していると考えています。

 

日本では音楽をよく『歌』と言いますよね。

この時点で日本の音楽の中心は『ボーカル』なんだと考えています。

 

そして、『詩』は『うた』とも読みます。

そう、なので日本人の作り出す歌詞というのは『詩』のことなのだと私は考えています。

 

だから、歌詞がとても評価されたり、人の心に響くものであったりするのだろうと思います。

 

歌詞を大事にしている歌手に私はmr.childrenを上げさせて頂きたいと思います。

自分が失恋した時、mr.childrenの『終わりなき旅』にはとても元気づけられました。特に

憂鬱な恋に、胸が痛んで、愛されたいと泣いていたんだろう

心配ないぜ、時は無情なほどに全てを洗い流してくれる

 この部分がとても心に刺さりました。

 

しかし、どんな良い歌詞でも周りを支える音楽が良くなければなりません。

この歌詞という詩をエンターテイメントにするために『ボーカル』『ギター』『ベース』『ドラム』『キーボード』などなどその周りにある音楽(ミュージック)が必要なのです。

mr.childrenがなぜ、日本のトップに立っていられるかというのは、mr.childrenという音楽が素晴らしいからなのです。

 

音楽は歌詞だけでは成り立ちません。

その周りにある音楽と1つになって、はじめてエンターテイメントとなるのです。

 

音楽は漫画と似ていると思います。

今までお話だけだったものに絵画が付き、漫画になりました。

 

音楽はお話(詩)だけだったものに音が付きました。

 

そして、今は全て異なるジャンルとなっています。

 

何が高尚だとかなんかはどうでもいいです。

 

ここ辺りは比べられないエンターテイメントであると私は考えています。

 

最近は、音楽の中で握手券付CDなどがあって、あれは音楽じゃない!とか言われることも多々あると思います。

音楽ではあると私は考えています。

そのうえで、それは別ジャンルのお話だと考えています。

 

今までの音楽に他のエンターテイメント性が付与されたのです。

 

ただ、今まで築き上げてきた『音楽』の部分をおろそかにすれば、いつかは崩壊してしまいます。

 

10年後、100年後に新しい音楽として生き残っているか、とても険しい道だと思います。

 

日々、人々は新しいものを求めます。新しい刺激を求めます。

 

ただ、その根本にあるものは音楽の『歌詞』のような日本古来からの続いている『俳句』などにもつながる『詩(うた)』など変わらないものです。

 

これからもたくさん良い『音楽』が生まれることを楽しみにしています。

 

mr.children最新アルバム
REFLECTION{Naked}完全限定生産盤(CD+DVD+USB)

REFLECTION{Naked}完全限定生産盤(CD+DVD+USB)

 
 終わりなき旅収録アルバム
DISCOVERY

DISCOVERY