クロろぐ~サッカーとおいしいごはんのブログ~

国内・海外のサッカー情報を中心に、好きなごはんの話も入れていく自由なブログです。おすすめの冷凍食品などを紹介していきます。

WILD PITCH!!!(ワイルドピッチ):野球漫画のすすめ

WILD PITCH!!! 1 (ビッグコミックス)

人気野球漫画「ラストイニング」作者の次回作

「ラストイニング」「奈緒子」作者による新しい野球漫画!

高校野球が舞台かと思いきや、物語は予想外の展開へ…。

現代の野球界を象徴するかのような内容に、心が惹かれていきます。

型にはまらない新しい野球漫画の登場です!

 

公式サイトの作品紹介

新たなるヒーローの名は「城戸拓馬」!!
18歳の「俺様エース」の伝説が始まる!!

一発勝負の夏の高校野球。

下馬評を覆して県大会決勝にコマを進めた青流高校の原動力は、左の城戸拓馬・右の内山正人の両投手。

決勝の相手は、「東の大怪獣」の異名をとる強打者・猪俣を擁する嵐参学園。

ノーマークの18歳が、怪物を倒して一躍全国区へと躍り出る!?

公式サイト(http://spi-net.jp/weekly/comic062.html)より 

 

 

いままでのあらすじ

ドラフトから外れ、独立リーグへ

始まりは高校野球、敗れはしたが、埼玉大会の決勝まで良いピッチングをしていた主人公、城戸拓馬(きど たくま)は、ドラフトにかかることを期待されていた。しかし、指名されたのは同じチームの控え投手、内山正人の方だった。

 

その後、紆余曲折ありながら独立リーグ(BPリーグ)に進むことを決意する

 

野球人として成長!しかし…

日本の独立リーグに所属するレディバグスに入団した城戸。いつしか独立リーグの雰囲気に慣れてしまい、独立リーグに合わせたレベルでのプレイをしてしまう。

 

そんな城戸の前に新球団設立の話が舞い込んでくる。プロを目指していた頃を思い出し、  トライアウトを受け、ワイルドキャッツへの育成枠入団を勝ち取ることに成功した。

 

育成枠入団、そして…

育成枠として入団した城戸。

同じ育成枠入団の選手達やプロになった旧友、トライアウトでバッテリーを組んだ仲間と自主トレを行う。

そして、春キャンプ。

城戸は支配下登録を勝ち取れるのか…?

 

続きは第6巻へ!

 

WILD PITCH!!!(6) (ビッグコミックス)

WILD PITCH!!!(6) (ビッグコミックス)

 

 

 

独断と偏見で復活希望のセブンイレブンのおにぎり!

仕事終わりで疲れたのでおにぎりの話をしたいと思います!

 

手軽におにぎりが買える場所、それはコンビニ。その中でもセブンイレブンのおにぎりは一番美味しいと思っています。

 

そんなセブンイレブンで復活してほしいおにぎりを紹介します!

 

1位 焼つくね

f:id:chrono0520:20170719234853j:image

うまいんだよ!これが!

甘いタレとつくねとごはんのバランスがちょうど良い!

 

手は汚れやすいけど、それ以上に美味しいおにぎりです!

 

健康志向のせいか、100円セールだけでの販売、そして今は姿を消してしまいました。残念でしかたありません…。

 

2位 焼つくね(なんこつ入)

f:id:chrono0520:20170719235315j:image

2位も焼つくねです。はい!

今回はコリコリが増えたなんこつ入。

 

これも美味かった!

セブンは売れないおにぎりを定期的に少し要素をプラスして新発売してくれるのが実に嬉しい。

 

また、新シリーズ期待してます。

 

3位 月見つくね

 f:id:chrono0520:20170719235606j:image

いやー、またつくねだよー!

月見つくね、たしか十五夜のときに登場したつくねシリーズです。

 

もうさ、何も言わなくてもわかりますよね?月見ですよ?卵が付いて不味くなるはずがない!

 

ということで3位です!

 

4位 ふっくら焼きつくね

f:id:chrono0520:20170719235955j:image

しょーじき、迷いました!入れるかどうか!

 

だってさ、つくねが小さいんだもん!

是非とも、次のつくねは大きく作ってね。

 

5位 きんぴらつくね

f:id:chrono0520:20170720000223j:image

いやさ、普通にいこうよ、セブンイレブンさん!

 

俺はいつもの焼きつくねを待ってるよ。

 

最後に

いかがなつくねでしたでしょうか。

 

まず、セブンイレブンに焼きつくねを復活してほしい想いで書きました。

 

次回のつくね、期待してますよ!

 

ネットでつくねが買える時代が来ました!

水郷のとりやさん 軟骨入り 親鳥 つくね 焼き鳥 ( タレ味 ) 3本入 調理済み

キョクヨー つくね たれ EOP4×24個

水郷のとりやさん つくね 焼き鳥 ( タレ味 ) 5本入 調理済み

名古屋コーチン焼き鳥セット 焼き鳥・つくね20本セット

ホリカフーズ こけし印 つくね たれ 65g×24個

MF柴崎、ヘタフェ移籍決定!4年契約を勝ちとる!

f:id:chrono0520:20170719025850j:image

 

柴崎岳選手の移籍先がついに決定!

昇格プレーオフの決勝で対戦したヘタフェとなったようですね。年俸はまだ出ていませんが、4年契約だそうです。

 

柴崎のヘタフェでの評価は?

無事に念願の1部リーグ移籍ができた柴崎ですが、ヘタフェ内の評価はどうなのでしょうか。

 

まず、2部リーグとはいえ、後半戦の活躍は良い印象を与えたと言えるでしょう。そして、プレーオフ決勝の舞台でのテネリフェ躍進に貢献した点もあると思います。

 

なぜ、ヘタフェ?中堅チームとも噂が…

次に、なぜヘタフェ?という点。

噂では、リーガの中堅であるベティスなどの話もありましたが、昇格組のヘタフェとなりました。

これについては、柴崎選手が出場機会を優先したということが正しいと考えられます。25歳、決してベテランではないですが若くも無くなってきた年齢です。

 

さらなるステップアップのためにまずは出場機会を優先したのだと思います。

 

ヘタフェってどんなチーム?

ヘタフェ、正式名称ヘタフェCFはスペインのマドリード州ヘタフェに本拠地を置く創設34年という比較的新しいクラブかと思いきや、一度破産を経験して新しいクラブとして動き出してから34年のようです。最近だと、イタリアのパルマみたいなチームですね。

 

10年前にはヨーロッパリーグに参加していたりなど、良い時期もあるようです。

 

しかし、来年の目標はまず残留となりそうです。

 

ただ、柴崎選手の力で躍進を期待したいですね!

パチューカ移籍、本田圭佑の狙いは?

f:id:chrono0520:20170717140820j:image

ついに、本田選手の移籍先が決まりました!その移籍先はなんと、メキシコの強豪パチューカです。

 

びっくりしました、本当に。しかし、今回の移籍には本田選手らしらも見える良い移籍であると私は思います。

 

残留争いをしないチーム

本田選手は、今回の移籍の裏でリーガ・エスパニョーラのラス・パルマスとレバンテに断りをいれていたようです。

 

かつて、レアル・マドリーで10番を着ることが夢だと語っていた本田選手がリーガへの移籍を断わった理由、それは残留争いの可否だと考えています。

 

断わりを入れた両チームは、リーガ下位のチームと昇格のチームです。おそらく、来季の目標はまず、残留だと考えているチームだと思います。

 

残留が目標のチームで何が起こるか、それは弱者のサッカーになるということです。本田選手は、最初のVVVこそオランダ下位のチームでしたが、その後のチームは自国では強豪とされるチームでした。

 

今回、パチューカを選んだ理由にもこの残留争いとは無縁の強豪である必要があったのだと思います。

 

アメリカ、中国ではレベルが低い

本田選手はアメリカのメジャーリーグサッカーのチームや、中国スーパーリーグのチームからも誘いがあったのだと言われています。実際、コンタクトはあったのだと思います。

 

希望年俸は軽々クリアできるでしょうが、問題としてはリーグのレベルが低いことにあります。

 

それに比べてメキシコリーグは中南米の中で一番強いリーグであり、パチューカはその中でも強豪です。

 

下手なヨーロッパのチームや南米のチームよりも強いチームであり、隠居ではなくステップアップするならば、メキシコリーグは最適なリーグと言えるでしょう。

 

高年俸とクラブワールドカップ

最後に、決め手となったのは高年俸でしょう。パチューカの年俸はトルコの強豪ガラタサライから掲示されたとされる年俸2億円の倍以上の年俸4億5000万円です。

 

ミラン時代の年俸7億円に比べるとかなり下がりますが、年齢や昨シーズンの成績を考えると十分すぎる高年俸と言えます。

 

そして、パチューカ移籍の一番の理由と言われるのは、クラブワールドカップへ参加できることでしょう。

 

サッカー選手として、一度は出てみたい大会の一つです。

 

今年のクラブワールドカップはUAE開催なので、日本のチームが出られない可能性がある中、本田選手のパチューカ移籍は話題性十分ですね。

 

裏では、パチューカ移籍の仲介はクラブワールドカップを放送する日テレとも言われておりますが、サッカーファンとしては年末の楽しみが増えて嬉しいです!

やばい!CLとELがDAZNで全部見れるぞ!【サッカー速報!】

UEFAチャンピオンズリーグ 2017 FINAL オフィシャル プログラム レアルマドリード vs ユベントス

衝撃のにゅーーす!

 

DAZNが欧州チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの全試合放送権を獲得しました!

DAZNがCLとELも全試合放送!

これで、

  • リーガ・エスパニョーラ
  • セリエA
  • ブンデスリーガ
  • リーグアン
  • Jリーグ

その他、地域のサッカー番組が見れていたDAZNですが、これに

CLとELが追加されるとのこと!

 

超ビックニュースだーー!!!

来シーズンからの契約らしいので、楽しみですね!

UEFAチャンピオンズリーグ UEFAチャンピオンズリーグボール 3号球

UEFAチャンピオンズリーグ UEFAチャンピオンズリーグ オフィシャル レプリカトロフィー3D(100mm) サッカー サポーター グッズ [並行輸入品]

UEFAチャンピオンズリーグ オフィシャル レプリカトロフィー3D 70mm(台座付)UEFA-CL-70-HP

サッカー:本田圭佑はどこへ?候補に上がる4チームを徹底分析!【レバンテUD編】

ACミランを退団し、新たな移籍先を探すことになった日本代表MF本田選手。

 

巷で移籍候補と言われる4チームを4回に分けて徹底分析していきます!

 

今回は、リーガ・エスパニョーラのセグンダディビジョン所属で既にプリメーラディビジョンへの昇格を決めたレバンテUDです!

 

リーガ・エスパニョーラ所属レバンテUD

f:id:chrono0520:20170606084911j:image

2016-2017シーズンの成績

1位(セグンダ【2部】)

 

本拠地

バレンシア

 

移籍候補の筆頭、スター選手を求むチーム事情に一致!

今回の移籍候補の筆頭と言われるのがバレンシアに本拠地を置くレバンテUD。

 

2016-2017シーズンはぶっちぎりの首位でプリメーラ【1部】昇格を決めました。

 

レバンテUDといえば、2011-2012シーズンのベテラン中心の躍進が懐かしいですね。終盤、失速しましたが途中まではバルサやレアルを抑えて一位に立つなど、素晴らしい成績でした。

 

そんなレバンテUDが本田選手を狙っているそうです。理由は、プリメーラディビジョン昇格に話題となるスターを獲得したい、というところですね。

 

そんなとき、ACミランで10番を背負っていた本田選手が移籍金がかからないということで獲得候補に挙がったようです。

 

しかし、ネックは高年俸であること。

現在の年俸は約3億円と言われており、2016-2017シーズンでベンチ要員だった1得点の30歳に対して高すぎると言われています。

 

本田選手サイドはこの年俸を下げることはしないようで、この点がレバンテUDとの移籍交渉にて障壁となりそうです。

 

次回は同じ本拠地に籍を置くバレンシアCFをご紹介します。

【珍事】ACL浦和×済州でありえない乱闘騒ぎ!阿部がランニングエルボーされて、槙野が3人の選手に追いかけられる!

浦和マガジン 2017年 05月号 [雑誌]

今回は流石に浦和レッズに同情…。

済州ユナイテッドが見たこともない暴挙に出ました。。。

 

必殺!ランニングエルボー!

事件が始まったのは延長後半でした。

DF森脇が決勝ゴールを決めた後のコーナーキックで浦和はボールキープに入りました。

確かに、対戦相手としたらイライラする場面ではありますが、ギリギリで勝っている場面で時間稼ぎをすることは、サッカーとして見れば常識行為です。

 

しかし、これに激昂した済州ユナイテッドの選手達と浦和レッズの選手が揉み合いに発展した。そして、事件は起きました。

 

ベンチにいた済州ユナイテッドの選手がビブスつけたまま猛ダッシュして、浦和レッズMF阿部勇樹にジャンピングエルボーを繰り出したのです!

 

槙野、追いかけられる…

その後、乱闘は激化。ランニングエルボーをした選手はもちろんレッドカードとなりました。

 

試合終了後も冷め切らず、浦和レッズDF槙野智章が決勝ゴールに対してガッツポーズをしたという理由だけで済州ユナイテッドの複数の選手が鬼ごっこを開始…。最後まで今まで見たことない蛮行を繰り返す済州ユナイテッドでした。

 

その後、何と済州ユナイテッドの監督は自分達の行いは正しいと驚愕の発言…、韓国のサッカーでは日常なのでしょうか…。

 

AFCには厳罰を求む!

今回の件に関して、AFC(アジアサッカー連盟)には済州ユナイテッドに対して厳罰を求めたいです。

 

この蛮行がもし、スルーとなるならばAFCに対して存在を疑いたくなりますね。ぜひとも、厳罰に処してほしいです!

日本代表FW本田圭佑批判の米津玄師を調べてみた!

ピースサイン(ピース盤 初回限定)(CD+DVD+ピースリング)

今、本田を批判して時の人になろうとしてる米津玄師を調べてみました!

 

お坊さんじゃなくてミュージシャン!

名前からしてお坊さんのように見えますが、ミュージシャンのようです!

週間オリコンシングル最高位が2位と意外に高いですね!

今回の件で初めて名前みましたが、アルバムでは一位取ったり、レコード大賞のアルバム部門も取ったりしてるようです!5.1万枚で受賞なんて、レコード大賞てなんなんでしょうね。

 

歌の感じはバンプとかラッドみたいな感じで下位互換な感じですね!

声量がないので、聞いてイライラしました!プンスカプン

 

ぶっちゃけ、なんでこのタイミングで?

最新シングルが6月21日に発売されるようで、その宣伝が目的のようですね!

 

 

ピースサイン(ピース盤 初回限定)(CD+DVD+ピースリング)

ピースサイン(ピース盤 初回限定)(CD+DVD+ピースリング)

 

 

ぼくらのヒーローアカデミア側からすると、嫌なとばっちりですね!

 

たしかに本田さんの言ってることはよく分かりませんが、有名人がわざわざ反論する必要がないですね。おそらく、知名度上昇を狙った宣伝でしょう。

 

それでは、また次の記事で!

川崎フロンターレサポーターは世界一優しくて素敵

f:id:chrono0520:20170515230804j:image

最近、川崎フロンターレといえば、旭日旗の話ばかり出てきます。

 

私は今回、この話について疑問しか湧いてきません。

 

なぜなら、川崎フロンターレのサポーターは相手を侮辱するような行為を絶対にしないからです。

 

おそらく、フロンターレ関係者やJリーグをよく知るひとにとって、今回の出来事は不思議でしょうがないでしょう。

 

旭日旗に関してはキ・ソンヨンの寝言から始まったことなのは知っていますが、ここでは詳しく話しません。

 

私は相手または日本のあっちの団体に嵌められた気がしています。

 

さて、話は戻り、なぜ川崎フロンターレのサポーターは相手を侮辱する行為をしないと言い切れるのか?

 

それは、川崎フロンターレのサポーターが世界一優しいサポーターだからです。

 

川崎フロンターレはブーイングをしません

川崎フロンターレのサポーターはブーイングをしません。

それは味方チームはもちろん、相手チームにもせず、選手たちが帰ってくれば、どんなことがあろうと必ず拍手で迎えます。

 

かつて、所属した選手には盛大な拍手と声援で迎えます。先日、清水エスパルスに所属するチョン・テセが試合終了後に挨拶にくると、その声援に涙を流し、長居し過ぎてエスパルスサポーターに挨拶できず、ブーイングされたくらいです。

 

川崎フロンターレのサポーターはいつでも選手たちを信じているのです。

 

川崎フロンターレはクラブ自体にも優しい

有名な話があります。

2007年シーズンのACL準決勝から中3日の柏レイソル戦にて、川崎フロンターレは選手の疲労を考慮して、スターティングメンバーを8人交換し、当時Jリーグの専務理事だった犬飼基昭さんから『ベストメンバー規定の精神に反する』と問題視されました。

 

しかし、川崎フロンターレのサポーターはこう言い返します。

犬飼さん、我々は裏切られていません

監督が選び、ピッチで戦うメンバーがベストメンバーである、という考えと言います。本当、素晴らしい。。。

 

時には、甘過ぎると言われるときもありますが、この精神で常に上位をキープしてきました。

 

これからも、変わらずに川崎を応援してほしいですね。

 

私は今回の問題に対して、違和感しかありませんし、川崎のサポーターを閉じ込めたり、観客席に乱入してきた韓国の水原三星ブルーウィングスのサポーターの方が大いに危険な行為であるので、そちらの方がAFCには厳罰に処してほしいと思います。

 

川崎のサポーターが危険に合っているのに何もないのは、本当におかしい。

これ以上何かあれば、日本はオセアニアに移った方が本当に良いのかもしれない。

 

今回の件は川崎フロンターレおよびJFAが戦いの姿勢を見せてくれたので、今後を見守ります。

2017漫画大賞4位『アオアシ』からわかるサイドバックの進化と今後の展開【ネタバレあり】

アオアシ 9 (ビッグコミックス)

みなさん、お久しぶりです。

サッカー大好きクロノです。

 

ついにアオアシにもWikiができて、我がサイトにアオアシWikiの検索でくる人は少なくなってきました。

 

そして、マンガ大賞で4位を受賞して、一気に注目度が上がってきました!

一巻発売から注目していた身としてはとても嬉しいですね!

 

アオアシの舞台背景

アオアシの舞台はプロクラブユース(チームは架空だけど、公式によるとJリーグ)が舞台です。

 

サッカー漫画は高校サッカーが舞台になるものが多いのですが、最近のサッカーでも出身者が多くなってきたプロクラブユースを選んだ形ですね。

 

昔は全国高校サッカー選手権がゴールとも言われたサッカーですが、今では海外で活躍することが最大目標になってます。

 

なので、アオアシは最初からプロに意識がいくようにクラブユースが舞台になっているのですね。

 

作者がサッカー好き

作者の小林有吾先生は愛媛FCのサポであったりして、随所にサッカー好きを感じる場面があります。

 

わかりやすい例を出します。

主人公の【青井葦人(以後、アシト)】は下のように特徴的な天パーなのです。

f:id:chrono0520:20170512092512j:image

 

ヒロインの【一条 花(以後、花ちゃん)】に

「〇〇みたいな頭だ」

と言われます。

 

みなさんはどんな選手を思い浮かびますか?

 

まず、浮かび上がるのはアルゼンチンの伝説の選手マラドーナだと思います。

f:id:chrono0520:20170512093109j:image

 

しかし、 花ちゃんは

「バルデマラみたいな頭だ」

と言うのです。

 

え?!今の高校生はバルデマラ知らないでしょ?!

f:id:chrono0520:20170512093655j:image

と思わず突っ込んでしまいました。。。

 

安易にマラドーナにいかず、コロンビアの鬼才と言われたバルデマラをチョイスするあたり、小林先生はバルデマラが好きなんですね。

 

次からはネタバレ込みです。

お気をつけください!

 

9巻までのあらすじ※ネタバレあり

中学最後の試合に負けたアシトは、同郷の東京シティ・エスペリオンFCユースの監督に出会い、視野の広さの才能を買われ、誘われ、遠い愛媛から東京から出てきてセレクションを受けることになった。

f:id:chrono0520:20170512095759j:image

 

セレクションでは多くの受験者がいる中、買われた『視野の広さ』を武器に3名合格という狭き門をなんとか通過する

f:id:chrono0520:20170512100121j:image

 

ユース寮に入寮したアシトは自分たちよりもはるかにうまい昇格組のメンバーを前に苦悩や葛藤し、成長していく。

f:id:chrono0520:20170512100430j:image

f:id:chrono0520:20170512100404j:image

f:id:chrono0520:20170512100544j:image

 

 そして、ユースのサッカーに慣れてきた頃、フォワードからサイドバックにコンバートを言い渡される。さらに、元々サイドバックとしてチームに必要とされていたことを知らされる。

f:id:chrono0520:20170512101051j:image

 

一度は落ち込むが、サイドバックで挑戦する意思を固めると同時に、アシトに求められている役割が司令塔であると知る

f:id:chrono0520:20170514181405j:image

f:id:chrono0520:20170514182014j:image

 

そして、セレクションでともに戦った仲間と因縁の対決へ…

f:id:chrono0520:20170514182351j:image

f:id:chrono0520:20170514182400j:image

 

続きは9巻で!

アオアシ 9 (ビッグコミックス)

アオアシ 9 (ビッグコミックス)

 

 サイドバックの可能性

アオアシは、現代サッカーの流行りに敏感な作品です。

 

主人公をサイドバックとして、『司令塔』の役割を与えたりするところからも分かります。

 

サイドバックは時代が進むに連れて、役割がとても増えたポジションのひとつです。

 

かつてのサイドバックは、責めることはせずに4枚いるディフェンスの一人という形でした。

 

そして、時代が進むとサイドバックに攻撃参加を求めるようになりました。

 

そして、元ブラジル代表サイドバックのロベルト・カルロスのような超攻撃的なサイドバックも生まれました。

f:id:chrono0520:20170514221554j:image

 

こうして、サイドバックには縦の動きを求められるようになり、運動量がものをいうようにもなりました。

 

日本代表の長友佑都も豊富な運動量とスピードが評価されて、イタリアの名門インテル・ミラノに移籍できたのです。

f:id:chrono0520:20170514221933j:image

 

時代はさらに進みます。

そう、稀代の戦術家グアルディオラによってサイドバックに新しい役割が生まれました。

f:id:chrono0520:20170514222120j:image

 

 その役割とは、今回のアオアシでも出てきている『司令塔』としての役割です。

 

グアルディオラが率いたバイエルン・ミュンヘンにてキャプテンのラームがこの役割を担います。

f:id:chrono0520:20170514222446j:image

 

グアルディオラは、サイドバックに縦の動きの他に横の動きを求めるようになりました。

 

グアルディオラ時代のバルセロナにおけるサイドバックはサイドに大きく開き、チームに幅を与える存在でした。

 

この幅を作る役割をバイエルン・ミュンヘンではウイングに与え、サイドバックはボランチと同じ位置まで上がり、パス回しに積極的に絡むようになりました。

 

今まで、チームに縦の変化を与える存在だったサイドバックに横の変化を求めるようになったのです。

 

アオアシの今後の展開は?

おそらく、アシトが武蔵野FC戦で活躍してAチームに一度上げられるのではないかと考えてます。

その時、冨樫あたりが一緒に上がっていそうですね!

その後、冨樫は定着、アシトは一度降格とかしそうな予感がします…。

ゆくゆくは、一度アシトは愛媛のチームにレンタル移籍とかしそうですね。。。

なんにせよ、この後アシトたちがどこまでいくことを見れるのかが楽しみですね!

 

 アオアシ気になる方はこちら!